夢を追う社長のGALAXY NOTE
by wise_galaxy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
株式会社ワイズ
http://www.wise-group.co.jp
最新の記事
カテゴリ
社長のつぶやき
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
やりがいは自分でつくる
NHK連続ドラマ「まれ」のワンシーン
どうしてケーキ職人を目指したの?とヒロインまれに訊かれて答える祖母ロベール・幸枝さん。
『食べてくれた人の笑顔が嬉しかったから…』

その一言を聞いて共感するまれ・・・

『なーんてほざく奴はまず脱落していくわね。世界一のケーキを作りたいからよ。誰の為でもなく自分が世界一のケーキを作りたかったから』

昨日届いて読み始めたばかりの「わたしはコンシェルジュ 阿部佳 講談社」では…
『こっそり本音を言えば、「ありがとう」と言われるのがうれしいくらいではやっていられない仕事です。~略~ただ、人を喜ばせることが単純にうれしい、どうしたらこのお客様にもっと喜んでいただけるだろうか、それだけの気持ちで毎日、仕事をしている様に思います。』

少なくとも幸恵さんも阿部さんも、人に強制されてその仕事に向かっていないことは確か!!

私たちも、少なくとも『したい』と思ったから、今の仕事に就いているはず。
『何のために仕事をするのか?』と改めて問いかけるよりも、「やりがい」のある仕事の仕方をしているかを問いかけた方がいいかもしれません。

子どものころは、したいと思ったことに集中し、時間を忘れて、遊んだり、何かを造ったり、描いたり。心と体をフルに動かしていたはず。
その中で学び成長してきた。

なんだかいつの間にか、こうあるべきという色々な制約の中で指示待ちに落ちっているのでは?
正解探しをしても、答えは見つからない。
自ら考え、行動することでしか答えは見えてこないと思います。

人は、自身の能力を発揮してより善く生きたいという自己実現の欲求をもともと持っていると思います。
自分の出来る最高を求めて、自身の能力をフル活動させてこそ自己実現、やりがいに繋がるのだろうと思います。

プロフェッショナルとは?と問われた阿部佳さんはこう答えていました。

『ひとつの事に関して、昨日より今日、今日より明日。もっと前に進もう、もっと先を目指そうという努力をいつも自然に楽しんでいる人』

食べさせたい相手がいるから「世界一のケーキ」を作れるようになりたいんだよね(^_-)-☆
[PR]

by wise_galaxy | 2015-05-07 12:53 | Comments(1)
Commented by T★S at 2015-05-13 21:08 x
『ひとつの事に関して、昨日より今日、今日より明日。もっと前に進もう、もっと先を目指そうという努力をいつも自然に楽しんでいる人』私も、そんな人になりたいです。

<< きれいごと 考える >>