夢を追う社長のGALAXY NOTE
by wise_galaxy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
株式会社ワイズ
http://www.wise-group.co.jp
最新の記事
カテゴリ
社長のつぶやき
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
接客コンテスト
『現場の空気は、リーダーの言葉でたちどころに変わる』
『できないと思うな。どうしたらできるかを考えて欲しい。』
『体力と楽観主義の二つを持っていれば、たいていのことはできる。』
『リーダーの大事な仕事は、部下の居心地が良い環境をつくること。』
『変化を恐れるのではなく、変化できないことを恐れる』
『リーダーは自分に対する甘えを断ち切る強さがないと務まらない』

いずれも、『私がくまモンの上司です 蒲島郁夫 祥伝社』の帯に書かれた著者の言葉。
これを毎日見る、口に出してみるを繰り返すだけでも、ブレが少なくなると思う。

さて、昨日は毎年夏の恒例になったワイズ接客コンテストが行われました。

まず第一部は、ココイチの接客技能資格の「スター」(全国に二人しかいません)の蒲郡拾石町店の明石さんと1級(金バッチ)の蒲郡三谷北通店の岡田さんの二人をパネラーに、人事部長の富永さんがコーディネーター役でパネルディスカッションを行いました。
e0208727_17365466.jpg

事前に普段の仕事の中で困ったことなどを、全社の社員、メイトさんから募集し。その質問に答える形で進められました。

『エアコンが効きすぎて寒いと言われるお客様の隣の席のお客様は暑いと言われる・・・そんな場合どのように対応したらいいのですか?』

これは、ホントに困りますね。
それぞれのお客様の気持ちに沿えるように努力をしますが、起きてしまってからでは、当然限界があります。

『多分、それ以前が大事だと思います。接客サービスで大事なのは、「気配り」「心配り」って言うでしょ。「気配り」の“り”を取ると「気配」。同じく「心配り」の“り”を取ると「心配」。まずは、「気配」に気付くこと。そして、相手のことを「心配」して、どうすればいいかと考え行動することが大事だよね。』

色々な質問に、経験とたとえを交えながら分かりやすく話してくれていました。
みんな、真剣に聞いて、メモを取る姿が印象的でした。

第二部はいよいよコンテストの開始。
入社一年未満のフレッシュマン部門に6人がエントリー。ベテランのスペシャリスト部門に5名がエントリーです。
e0208727_173720100.jpg

普段の力が出せるように、お客様訳のスタッフも緊張気味です。
e0208727_17374679.jpg

『お薦めのカレーは?』
『夏定番のチキンと夏野菜カレーが、私の一番のおススメです!!』
これは、私でも頼んじゃいますね(^_-)-☆
e0208727_1738792.jpg

コンテストですから、順位が付きます。
悲喜こもごもですが、ここがいいんですねぇ!
トレーニングに付き合ってくれた自店のスタッフに感謝、スタッフに申し訳ないと泣く者。
ここからが、また新たなスタートになるんですね。

スタッフの慰労も兼て、FARO/花楼で懇親会です。
e0208727_17382514.jpg

FAROのスタッフの手品に皆釘付けです。

今回のコンテストで1つ気付かされたこと。
限界を決めているのは、実は私達じゃないかということ。
それは、入社一ヶ月のメイトさんが実に見事な接客を披露してくれたこと。
まだまだ、宝は埋もれていますね。
[PR]

by wise_galaxy | 2014-07-31 19:36 | Comments(1)
Commented by T★S at 2014-08-06 20:30 x
「気配」と「心配」!!なるほど!!と思いました!!りを消すと、気配りは、気配に、心配りは、心配になるのですね。とても面白いです。
<< 月例会でした 皿を割れ >>