夢を追う社長のGALAXY NOTE
by wise_galaxy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
株式会社ワイズ
http://www.wise-group.co.jp
最新の記事
カテゴリ
社長のつぶやき
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
本田イノベーション魂!
18日火曜日に買ってきた『ホンダイノベーション魂! 小林三郎 日経BP社』。
講演DVDを昨日までに二度も見ちゃいました。
お話しの無いように惹きつけられるのは勿論なのですが…べらんめぇ口調で、茶目っ気たっぷりに熱く語りかける小林さんの姿は、純真な少年のようで魅力です。
e0208727_1713480.jpg

小林さんが熱く語るのは、もう一度日本を次から次へと新しいものを生み出す社会にしていこう!もっといい国にしていこうよ!!ということ。

『バブル崩壊後の20数年間、コストダウンと効率化しかやっていない企業ばかりで、真のイノベーションが生まれていない…このままでは日本は本当にダメになっちゃうよう!』と叱咤する声に真剣さと技術者に対する期待をビンビンと感じます。

一年に一度開かれる「社友の会」、本田技術研究所の役員経験者のOB会で先輩たちに『イノベーションを起こす為に最も大切なものを1つだけ教えてください』とインタビューされたそうです。

そして、9割の方が「想い」だと同じ答えを返されたそうです。
DVDの中で小林さんは、「想い」を「Spiritual Belief」(志ある信念)と英訳したと話されていました。

ホンダの哲学は、「本質」と「コンセプト」志向

本田宗一郎語録
『研究所は技術の研究をする所ではない。人間を研究する所だ。→お客様の心を研究し、お客様が求める将来価値を見つけるのが仕事。
将来価値が見つかったら、手段である技術を使って、達成するのだ。』

本質熟慮
「どうやったらお客様の喜びを最大化できるか?」
コンセプトとは?
「お客様の価値観に基づきユニークな視点で捉えたモノ事の本質」

どうやって挑戦・独創・革新の文化大革命を起こすか?
①現場を見る
高質な原体験
②ワイガヤ
異質な人との本質議論
未来価値
③試す・やってみる
失敗を恐れずやり続ける
失敗させると人が育つ

最もいい人の育て方は、教えないで考えさせること
 だから、Howではなく、WhatとWhyを厳しく問いかける

『理念・哲学なき行動(技術)は凶器であり、行動(技術)なき理念は無価値である』
本田宗一郎

先日最終講を受けた『名古屋示道塾』で学んだリーダーの在り方とシンクロして、より明確にリーダー像、組織の在り方の理解が進んだように思います。
本質は同じなんですよね。
[PR]

by wise_galaxy | 2014-03-21 09:02 | Comments(1)
Commented by T★S at 2014-03-22 09:39 x
☆最もいい人の育て方は、教えないで考えさせること
☆だから、Howではなく、WhatとWhyを厳しく問いかける
自分自身にも、よく言い聞かせます!いつも有難うございます!
<< 信頼される MVSコンテストとメイトさんの力 >>