夢を追う社長のGALAXY NOTE
by wise_galaxy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
株式会社ワイズ
http://www.wise-group.co.jp
最新の記事
カテゴリ
社長のつぶやき
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
四恩礼
昨年のクリスマスに、ボランティア訪問させていただいた豊田の児童養護施設梅ヶ丘学園に今後の話を伺いに行ってきました。
園長先生からは、「できれば、園児たちと一緒に何かつくり上げるようなプログラムがあればベストです。」と、昨年行われた「音楽の集い」で職員の方たち、園児全員がプロのダンサーグループの指導を受けて舞台でダンスを踊った経験をお話しいただきました。

子どもたちの真剣な前向きな目、表情が印象的だったと伺いました。
園長先生は、「園長がこれじゃぁねぇ!と言われたらイカンから個人レッスンしよう!」と子供たちから特訓を受けたそうです。

私達に何ができるかと考え、子供たちの自立を支援できるように「働く場」と「働く機会」を提供しますとお約束して帰ってきました。
これから一緒に学んでいきたいと思います。

学びといえば、水曜日に名古屋示道塾最終講を受けてきました。
e0208727_1141217.jpg

講師は、ビスタワークス研究所所長大原光秦さん。

『全従業員を勝利者にする』と、職場で働く一人ひとりが輝くネッツトヨタ南国での実践を通して、成長を支援し、職場の人間関係をよくしていくリーダーになるための勉強会。

軸はに人間としてどうあるべきか?

それを、食品偽装などの直近の話題も題材に、心理学や脳科学、近代日本史や人類社会学等の諸理論を紹介して学んでいきます。
e0208727_11415254.jpg

一ヶ月に一回とは言え、毎回の中身が濃いので、自分の受け入れられる許容量とスピードがついて行かない部分はありましたが…

5~6人の受講生が同じテーブルを囲みます。
講義の内容もそうなのですが、ご一緒させていただくメンバーの方たちから頂いたヒントも学びを大きくしてくれたように思います。
私が場に貢献できたかどうか?出来ていれば嬉しいのですが…
e0208727_1142743.jpg

講義が終わって最後の懇親会。
皆さんとお話しできたのは、ホントに良かったと思います。
最後は握手をしてお別れしました。

その後、興奮冷めやらぬまま人事部長の富永さんと近くのバーへ。
お互いの学びを話し合います。
その中で、富永さんが財布の中からボロボロになりかけた一枚の手紙を出してきました。

10年ほど前、入院をしていた富永さんの子供さんが選りによって退院当日に容体が急変、心停止に・・・私達も連絡を受けて病院に向かいました。
動揺している富永さんに「しっかりしろ!」と声をかけて。

結局、無事回復退院しました。
ボロボロになった感謝の手紙は、その退院した時に富永さんの奥さんが富永さんにあてたものでした。
e0208727_11422471.jpg

涙なしには読めませんでした。
示道塾最終講のテーマは、「自身の最終的に戻れるところ…大事にすべき価値観」

富永さんの返るべきところは、財布に入れて肌身離さず持ち歩くこの手紙なんですね。
最後の最後まで、学びの多い一日でした。
[PR]

by wise_galaxy | 2014-03-14 12:39 | Comments(1)
Commented by T★S at 2014-03-16 10:39 x
示道塾最終講のテーマは、「自身の最終的に戻れるところ…大事にすべき価値観」園長先生のお話も富永さんのお子様のお話も大事にすべき価値観が、しっかりとあるから・・・なのでしょうね。
<< MVSコンテストとメイトさんの力 制約・・・ >>