夢を追う社長のGALAXY NOTE
by wise_galaxy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
株式会社ワイズ
http://www.wise-group.co.jp
最新の記事
カテゴリ
社長のつぶやき
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
君子時中す
おはようございます。
今日は、社員キャリア面談の最終日、豊橋に向かっています。
e0208727_9473366.jpg


昨日は、中堅の店長が集まっての勉強会。
ここで、示道塾で習ったことを試してみました。

『漢字で「カチカン」と書いてみて』

皆さんは、どんな風に書かれましたか?




集まった六人の店長は、見事に全員が「価値感」と書きました(^-^;
e0208727_9462994.jpg


正しくは、「価値観」ですよね。

「価値感」は、同じ判断の基準であっても、好悪の感情が元になっています。

どの位置に立ってものごとを見るかを「視座」、ものごとを見る時の目の付けどころを「視点」といいます。
そうして見えてきたものを、何を重要とし、大切にしたいのかを判断するための基軸、考え方の基準を「価値観」といいます。

価値感は、人それぞれではあっても、ワイズ社員が持つべき価値観、「理念」「クリード」は全員の行動の規範であり、判断の基準となるべきものです。


e0208727_9481160.jpg


今月号の「致知」の特集は「君子、時中す」

『君子はよく時中す・・・東洋古典の名著「中庸」にある言葉である。(中略)立派なリーダーはその時その場にふさわしい手を打ち、あらゆる矛盾、相剋を克服してどこまでも進歩向上していく。(中略)「時中」はリーダーに求められるもっとも重要な資質と言える。』

特集の巻頭言のなかに、教育勅語発布の経緯が紹介されています。

明治天皇が東京帝国大学を巡視された時、急速な近代化の中で、理科、医科等の進歩は目覚ましいが、もっとも大事にしなければいけない修身の学科には見るべきものがないと…

これを受けて精神的規範として発布されたと。

規範をしっかりと基軸として持たなければ、『国家の相となるようなリーダーを得ることができない。』

近代化していく中で、守るべきものを示したものなんですね。
表層でしかものが見えていない。
まだまだ、勉強が足りないですね(^-^;
[PR]

by wise_galaxy | 2013-12-19 23:27 | Comments(1)
Commented by T★S at 2013-12-22 09:44 x
「カチカン」・・・私も店長さん達と同様に「価値感」と書いてしまいそうです。パソコンなどで、変換すると「価値観」が先に出てくるので、そちらで、考えますが。最近、パソコンなどに頼っている部分が本当に多いなと感じます。

<< 言志録の三学戒 示道塾第四講 >>