夢を追う社長のGALAXY NOTE
by wise_galaxy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
株式会社ワイズ
http://www.wise-group.co.jp
最新の記事
カテゴリ
社長のつぶやき
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
創業塾第2講
昨日は、ワイズ版創業塾の第二回目。
講師は、株式会社COZYの福井康司社長、京都でBar7店舗を経営されています。

スタートは学生時代のアルバイトから。
オーナーに一定額を支払い、フルコミッションの店長の下で週に3日ほどの予定で働いていたそうです。
e0208727_13572236.jpg

その店長の経営を見て、もっと工夫すればいいのに!と思いながら見ていたそうです。
案の定、仕入れも滞り、そのうち給料も出なくなり、それならと自身が店長として切り盛りし始めます。

アルバイト時代の思い、アイディアを実践!
見事、店を建て直し月40万円の収入を得るようになります。
と言っても、学生との2足のわらじ、2~3時間の睡眠時間で頑張ったそうです。

大学を卒業して一流の証券会社に就職、歴代2位の資産額を集めるほど優秀な営業マンだったのですが、都合により3年で退職。
再びBarの経営を本業とされ、現在8店舗目を計画中とのことです。
e0208727_148632.jpg

福井社長曰く、『店長が変われば売り上げが変わる』。
人が変わると1/3にまで落ち込んだことがあるそうです。
接客、人の育成がすべてと語ります。

その育成論の基は、高校生時代に読んだ元京大アメリカンフットボール部監督の水野彌一さんの本だそうです。

水野監督は、「選手の間に上下関係は作らない。新人の練習参加は自由で、部室の掃除やグラウンドの整備といった雑務は4年生が行う」という方針を立てて弱小チームを4度の日本一へ導いた名監督。

高校時代バスケットボール部のキャプテンとして、厳しくグイグイとチームを引っ張り、できない者は後ろから蹴飛ばす勢いのマネジメントから180度変わったとのこと。

Barの接客は、やはり会話力。
それも、複数のグループ、個人の様子を見ながら飽きさせないように目を配ります。
極意は会話のはずんでいるところはさりげなく外して、弱いところへ弱いところへと会話を向けていくことだそうです。

それは教えられないので、とにかく見せることが教育。
カウンターの中に入れば、逃げ場はないのであとは、お客様に鍛えられるとのこと。

ランチェスター戦略、局地戦で戦う・一騎打ちに持ち込む・接近戦で戦う。
この3つを接客の基本として、徹底することが差別化につながる。

最後に『商売とは?』の問いかけに、『自身の表現の術。生活の一部』と答えていらっしゃいました。
その言葉の通り、とにかく好奇心旺盛。
調べる、見に行く、食べに行く、飲みに行く。

ということで、講義の後の懇親会の二次会は近くのBarへ。
色々と解説をしてくださいました。
『社長、社員教育の一環で、古屋で一軒Bar出しましょう!!お手伝いしますよ!』
おもしろい!!

調子に乗ってもう一軒、今度はクラブ。
クラブと言っても、ヒップホップやレゲエなんかがガンガン流れてるDJのいるクラブの方です。
行ったのは、名古屋の大箱iD Cafe
http://www.idcafe.info/information/

20代前半の若者でいっぱい!200~300人くらい!!
平日にこれだけの人ですから、すごい集客力です。
e0208727_13582287.jpg

『iDに来たぜ』とFacebookにあげたら、元メイトの女性から『えっ?社長iDに行くんですね^_^』とのコメントが…
『大人の社会見学です(^-^)v』と答えておきました。

来月の創業塾は、インターンシップの学生も合流します。
今からわくわく!楽しみです!!
[PR]

by wise_galaxy | 2013-10-17 17:52 | Comments(1)
Commented by T★S at 2013-10-20 07:57 x
同じお店なのに、店長さんが変わるだけで、売り上げも変わるのですね!
店舗を切り盛りされる舵取りが重要という事なのでしょうね!
<< 左岸より しまかぜ~♪ >>