夢を追う社長のGALAXY NOTE
by wise_galaxy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
株式会社ワイズ
http://www.wise-group.co.jp
最新の記事
カテゴリ
社長のつぶやき
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人生の信條
雑誌「致知」の購読を継続したら、心に残る言葉『人生信條』という小冊子をいただきました。

『人生に信條を持つ持たないは大事である。信條を持たない人は人生の途上に立ちこめる雲霧に道を失いがちである。人は信條を持つことで、人生を軌道修正することができる。』
と、書かれていて、ドイツの詩人ツェーザル・フライシュレン 山本有三訳の『心に太陽を持て』という詩が紹介されています。

***********************************
心に太陽を持て
あらしがふこうと ふぶきがこようと
天には黒くも 地には争いが絶えなかろうと
いつも、心に太陽を持て

くちびるに歌を持て
軽く、ほがらかに
自分のつとめ 自分のくらしに
よしや苦労が絶えなかろうと
いつも、くちびるに歌を持て

苦しんでいる人 なやんでいる人には
こう、はげましてやろう
「勇気を失うな くちびるに歌を持て 心に太陽を持て」
***********************************

そういえば、「いつも心に太陽を」というシドニー・ポワチエの映画がありました。
白人の生徒たちの高校に赴任してきた黒人の教師の物語なのですが、すごく感動したのを覚えています。

シドニー・ポワチエの映画の最初は、「野のゆり」。
黒人青年役のポワチエと修道女が出てきたのはよく覚えているのですが、さすがにストーリーまでは・・・なんせ、小学校5年生頃のことですから。

母親は、権威に弱く…アカデミー賞受賞!!と聞くと連れて行ってくれましたねぇ(^_^;)
「ウェストサイド物語」も、見に連れて行ってもらいました。小学校4年生でしたが、興奮して見た覚えがあります。
サウンドトラックのレコードを買ってもらいました!

おっと、大分、脱線してしまいました(^_^;)
人生の信條です。

という風に、脱線しやすい私は、流されやすい。
受験する高校を選びながら、通りそうなところばかり名前を挙げるのを聞いて父親に『君は易きに流れるからなぁ。』と言われたことを憶えてます。

そんな私に父がプレゼントしてくれたのが、当時父が勤めていたカネボウの武藤絲治会長が『勝利の中の最大のものは 自分に勝つことである』と書かれた額でした。
(実際は書を写真に撮ったレプリカでしたが…)

思い出してみれば、父や母にしっかり見守られていたんですねぇ。
ちょうど、盂蘭盆会ということでいいネタになりました(^_^;)

今日は仕事を早めに終わって、お寺さんに迎え火をいただきに行ってきます。
[PR]

by wise_galaxy | 2013-08-13 17:15 | Comments(1)
Commented by T★S at 2013-08-15 07:57 x
お盆ですね。先人の皆様には、本当に感謝です。今があるのは、先に生きて来られた方々が作り上げたものがあるからこそ、本当に感謝ですね!山本オーナーさんのお父様もステキなお父様ですね!
<< 自分の形骸を学んではいけない お気に入りのドラマ?! >>